J.L.Moller Model 75 ペーパーコードチェアのメリット

古いものが大好きです。ジャンル問わず世界各国の古いものが好きですが、ダイニングではデンマーク製の古い家具を使っています。

J.L.Moller(ジェイエルモラー)Model 75という椅子と、同じくJ.L.Mollerのダイニングテーブルです。

現行モデルのModel 75ではオーク材しか選べないので、チーク材を使っているものはヴィンテージしかないようです。

ちなみに、作られてから100年以上経ったものをアンティーク、それ以前のものをヴィンテージと呼ぶそうです。

この椅子は愛知県名古屋市にあるFavorというお店で購入しました。高品質なヴィンテージ家具を取り扱っているお店です。わたしは直接お店に行けなかったので、メールでのやりとりでしたが、とても丁寧に対応していただきました。

座面のペーパーコードは新しく巻き直してもらっています。編み目がとても綺麗。紙だし汚れとかどうなんだろう…?と思っていましたが、購入してからもう何年も経ちますが、意外と汚れは目立ちません。そのうえ頑丈なので、小さなこどもが居ても気にせず使えています。

何よりペーパーコードの椅子は軽いので、テーブル下の掃除が楽です。

背もたれの部分はチークの無垢材を削り出して使っているようです。オタクなのでいろいろなお店でいろいろな家具を見ましたが、こんな作りのものは他にあまり見たことがなく、見るたびにワクワクする美しい椅子です。

ダイニングテーブルはずっと欲しかったタイプ(今ではもう作られていないようです)だったのですが、日本で取り扱っているお店を見つけられず悶々としていたところ、なんと近所にある古道具屋さんで偶然見つけ、リーズナブルな価格で購入したものです。運命。

エクステンションタイプなので伸縮可能です。わたしは大きいテーブルが好きなので、伸ばしたまま使っています。ただ、長さが2メートル以上あるので、結構場所は取ります…

お客さんが来た時には便利です。

それにしても部屋の写真を撮るのは難しい。
ファインダーを通すと部屋の状態が一目瞭然。カーペットの切れ目も気になる!(食べこぼしのことを考えるとリビングと同じカーペットを敷けませんでした…)

自分の目よりもカメラの方が正直…

シェアしてくれるとうれしいです
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる