アスティエ・ド・ヴィラットの猫モチーフ Setsuko Vase Chat

近頃、急にASTIER de VILLATTE(アスティエ・ド・ヴィラット)が気になり出し、少しずつ集めています。

ASTIER de VILLATTE

デザイナーは、イヴァン・ペリコリとブノワ・アスティエ・ド・ヴィラット。コレクションは、19世紀の器や忘れ去られたオブジェからインスピレーションを受けて、職人が残す「跡」を大切にしています。パリにショップとアトリエを構え、ハンドメイドで作られる白の陶器を中心に、香料製品やステーショナリー、家具を生み出しているブランドです。

https://www.hpfrance.com/brand/astierdevillatte

20代の頃から、アスティエと言えばパリから来た素敵な器として知ってはいましたが、日常使いするには値段が高くて手が届かないし、シンプル好きな自分の趣味とはちょっと違うかなぁ…と思ってずっと見ているだけの品でしたが、初めてコンポート皿を買ってからハマりました。

手仕事に惹かれ出すのはアラフォーゆえなのか…

我が家のディスプレイコーナー。(ちょっとモノが増えてきました…)

先日、ちょっと大物を導入しました。Setsuko Vase Chat、猫型の取手の付いた花瓶です。

少し前にインスタを見ていたらH.P.DECOにアスティエが大量入荷したというニュースを見つけて、これは見に行くしかないと。

その時は別の花瓶を買おうと思ってお店に行ったのですが、悩んだ末に結局この猫ちゃんを連れて帰って来てしまいました。これは文句なしにかわい過ぎで、猫好きとしては見逃せなかったというか素通り出来なかった…

花瓶の中を覗き込んでいる猫。かわいい。

ちなみに背景のアート(っぽく見えるもの)は、息子が保育園で描いてきた絵です。子供の作品も額装したら良い感じ。息子も自分の作品が大切に飾ってあるのは誇らしいのか嬉しそうにしています。

この手仕事ゆえの有機的なライン。釉薬のムラも味だと思えてしまうような、大量生産品にはない楽しみがあります。

お花を生けていない時は、キャビネットの上に飾っておいて愛でようと思います。猫ちゃん…

在宅勤務が続いて家にいる時間がとても長くなり、以前はなるべくモノを少なくして掃除を楽に…と考えていましたが、近頃は眺めているだけで心浮き立つようなアイテムを追加していきたいなぁと思います。

H.P.DECO(エイチ・ピー・デコ)
〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前 5-2-11

https://www.hpfrance.com/stores/hpdecotokyo

最近の気分に一番合ってる…!

シェアしてくれるとうれしいです

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる